コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. すべての子どもが、夢や希望を持てる社会に

すべての子どもが、夢や希望を持てる社会に

「すべての子どもが、夢や希望を持てる社会に」

これは私がご縁を頂いている、“NPO法人キッズドア”の目指す姿だ。皆さんは日本の子どもたちの貧困の現状をご存じだろうか? 2015年のデータであるが、なんと15.6%だ。17歳以下の子供たちの7人に1人は貧困状態にあることになる。貧困状態は教育格差を生み、貧困の連鎖がつながり、ひいては日本の国力の低下につながる。

こんな状況に立ち上がったのが、渡辺由美子理事長が2007年に立ち上げた“キッズドア“だ。「経済的格差が教育格差であってはならない」。その思いのもと無料の学習支援・居場所支援・キャリア体験活動支援を行っている。「お金がないから塾に行けない」「経済的な事情で進学できない」。そんな子供たちの未来を奪う世の中にはしてはいけない。

キッズドアで働く方々に向けた研修を担当させていただいたことがあったが、皆さん真剣だし、その目は輝いている。今回Vol.29のキッズドア通信を頂いた。その中にキッズドアによる支援を受けて、無事大学まで進み、自分の道を見つけた卒業生からの手紙というものがのせられていた。キッズドアのおかげで、大学まで進学することが出来て感謝している事や、日本の教育の不平等な部分/貧困の連鎖の恐ろしさ等について書かれていた。これが日本の実際の姿なのだ。身につまされる思いだ。

皆さんにも、日本のこの現状を知っていただきたい。
そして、キッズドアへの支援の輪が広がっていくことを祈るばかりである。
キッズドアHP https://kidsdoor.net/

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

働きがい創研・田岡英明の著書

働きがい創研・田岡英明ブログ